効果なしって本当?水光注射(ダーマシャイン)で得られる美肌作用とは?

美容整形

水光注射

水光注射(ダーマシャイン)は、ヒアルロン酸などの美容液を皮膚の浅い層に注入して、肌質(肌のキメ、ツヤ)の改善を図る施術方法です。

注入系の施術にはヒアルロン酸注射レディエッセなどもありますが「フィラー(皮膚充填剤)を注入して、肌を持ち上げて、気になるシワやくぼみを改善する」とは異なります。

特徴 ヒアルロン酸などの美容液を肌に注射して、肌の潤いとハリ感をアップさせる
適した部位 顔全体(小ジワ、ほうれい線、たるみ、乾燥肌、毛穴の開きなど)
持続効果 約3ヶ月~半年
2~4週間に1回の間隔で3~5回の治療
肌の活性化 使用する美容液により、コラーゲン生成、美白、抗酸化、抗炎症作用などあり
施術時間 顔全体で20~30分程度
麻酔クリームを使用する場合は+30分~1時間
価格 1回30,000円~50,000円
ダウンタイム ほぼ無しで、メイクOK
施術後数日~1週間はハレや赤み、内出血が残る
副作用の可能性 薬剤のアレルギー、注入部の凸凹、施術部分の化膿

水光注射(ダーマシャイン)とは?

適した部位・肌の悩み

顔全体(特にひたい、目の周り、ほほ、あご)、首、デコルテ、手

「肌にハリが無くなってきた」「キメの荒さやくすみが出てきた」「肌の乾燥や小じわが気になる」「ほうれい線が目立ってきた」「毛穴を引き締めて小さくしたい」など、様々な肌の悩みに応じてくれます。

効果は使用する美容液で異なる

水光注射で得られる美容効果は、使用する薬剤によっても変わります。

基本的に用いられるのは「ヒアルロン酸」ですが、それ以外の薬剤と組み合わせることで、相乗効果により更に自分の理想にあった施術が受けられます。

効果
ヒアルロン酸 保湿力の強化、乾燥による小シワ、ハリ、キメの改善
プラセンタ 肌の透明化、強度を高める、アンチエイジング
ボトックス 肌のハリ、毛穴の開きの改善、リフトアップ
PRP 肌の活性化、質感の改善
GF成長因子 肌の活性化、若返り
トラネキサム酸 シミ、肝斑、くすみの改善
ビタミン 抗酸化、美白、ニキビ肌の改善

施術方法

水光注射は顔全体で20~30分程度。

洗顔後、麻酔クリームを塗った状態で行なうので、痛みも最小限で済みます。

水光注射は以下の手順で行なわれます。

1.肌を吸引後、真皮の浅い層に極細針を刺す
2.ヒアルロン酸などを周囲に均一に注射
3.注入が完了すると、吸引を止めて、次の部位へ移る

他の注入系施術と異なるのが「ダーマシャインという医療機器を使って、ヒアルロン酸などを肌に注入すること」。

ヒアルロン酸注射やレディエッセなどの「医師が手打ちをする」という場合、医師の技術に仕上がりが左右されることが多く、

  • 注入量が均一に保てずに皮膚が凸凹になる
  • ブツブツに腫れる

というデメリットが、どうしてもありました。

水光注射の場合、専用の自動皮膚下注入システムで、肌状態に合わせて注射針の長さや注入する深さ、注入量、皮膚吸引タイミングを精密にコントロールできるので、美容成分を皮膚に均一に注入できます。

1ショットで5針、スタンプを押すように素早く注入できるので、顔全体の施術でもスピーディーに終わります。

▼実際の施術の様子を紹介した動画があったのでシェアしておきます。

痛みは少ない

注入系施術で気になるのが「痛み」のこと。
「美肌を手に入れる為には多少の傷みは耐えられるけれど、やっぱり痛くない方が良い」のは、誰でも思うことです。

水光注射は皮膚を吸引しながら極細針で注入する為、感じる痛みは最小限。
美容クリニックによっては麻酔クリームや笑気麻酔と組み合わせることで、更に痛みを感じにくくなります。

また皮膚の浅い層に注入する関係で、針が刺さる距離は最短。注射針を刺すことで生じる出血や内出血も少なくて済みます。

持続効果は約3ヶ月~半年だけど……

カレンダー

持続効果は約3ヶ月~半年
2~3週間ごとに3~5回の施術をすることで、3ヶ月~半年の効果を維持できます。

他の施術法だと「1回の施術で半年は保つ」場合が多いのですが、水光注射は「効果を維持するために、最初の1~2ヶ月は月に何度も美容クリニックへ通う必要がある」というのが、他の施術法との大きな違いになります。

S美容外科 4週間ごとに3回。その後、3ヶ月ごとに1回
T美容外科 2~3週間ごとに3~5回。その後、1~3ヶ月に1回
Kクリニック 2~3週間ごとに3~5回

その理由は水光注射で使われる美容液は、吸収率が高いから。
例えば、一口で「ヒアルロン酸」と言っても、種類によって特徴がかなり違います。

シワの改善やボリュームアップの為に使われるヒアルロン酸よりも、肌なじみが良い分、早く無くなりやすいというイメージは持っておいた方が良いですね。

ダウンタイム

化粧は当日からOK。施術による注射跡や赤みを隠せます。
ただし肌への負担を考えると、翌日以降から化粧をした方が良いですね。

赤み・腫れ
施術当日は 全体的に赤みが出ます。

注射跡の赤み(赤い点状の針跡)は1~3日で消えます。
注入直後は薬剤を注入した部分が、小さなコブ状に膨らんでいますが、2~3時間もすれば馴染みます。

内出血
注入時の吸引で赤い斑点が出る場合があります。3日~1週間後には無くなります。

注射針が細い血管に当たって傷付くと紫色の内出血が起こる場合があります。
消えるまでには1~2週間ほどかかります。

赤みや内出血を隠す為には、ファンデーションで覆うのが一般的。
リキッドタイプは注射跡からファンデーションが入り込みやすく、感染性の原因になるので、パウダータイプの使用をおすすめします。

副作用

水光注射で考えられる副作用としては

  • 注入部が凸凹になる
  • 施術部分が化膿する
  • 薬剤アレルギー

の3点が挙げられます。

これは注入系施術では起こり得る副作用なので、水光注射だけのデメリットではありません。

注入部が凸凹になる
薬剤が皮膚に均一に注入されていない場合、肌の表面に凹凸ができます。
特に皮膚が薄い「目の周り」は目立ちやすいです。

基本的に水光注射で使用される薬剤は吸収率が高いので、他の注入系施術と比較すると、目立たなくなるまでに時間はかかりません。
ただし持続性の高い薬剤を使用した場合は、その限りでは無いです。

改善方法としては「凹凸が気になる部分をマッサージをする」「ヒアルロン酸分解注射を打ち、ヒアルロン酸を溶かす」があります。

施術部分が化膿する
赤みや腫れ、熱っぽさなどの症状が長引く場合は「感染による化膿」が考えられます。

内服薬や抗生剤の処方で症状を抑えます。
あまり無いことですが、艦船による化膿がひどい場合は、皮膚を切開して膿を出すことも。

薬剤のアレルギー
ごくまれに、使用する薬剤でアレルギーが起こることがあります。

施術直後~2週間に、異常な赤みや腫れ、重度のかゆみ、熱っぽさが出た時は、薬剤アレルギーの可能性が疑われます。
あまりにも症状が過剰に出ている場合は、施術を受けた美容クリニックに連絡をして、抗アレルギー剤の処方や点滴を受けましょう。

施術を受けられない人

  • 糖尿病、ヒアルロン酸アレルギー、ケロイド体質がある
  • 妊娠、授乳中
  • 治療部位に感染性の皮膚疾患がある
  • HIV、B型肝炎、C型肝炎にかかっている

に当てはまる人は、施術を受けられません。

また心臓病、高血圧、抗凝固剤内服中の方は、内出血が長引く可能性があるので、施術の際には注意が必要です。

料金

料金は美容クリニックや使用する薬剤によって異なりますが、1回30,000円~50,000円が目安。

ただし水光注射は1回受ければOKではなく、約3ヶ月~半年の持続効果を持たせるために、1.5ヶ月~2ヶ月中に3~5回ほどの追加注入を行なう必要があります。

その為、トータルコストは10万~20万円は見積っていた方が良いです。
他の注入系施術と比較すると「1回の持続効果が短いのに、値段が高い」と感じやすいです。

まとめ

美容成分が入った薬剤を直接肌に注入する為、普段のスキンケアよりも素早く効果を実感しやすいのが、水光注射のメリットです。

ただし「肌の調子が良くなった」と好評判な一方で「思った以上に効果を実感できなかった」という人も少なくありません。

「価格に応じた結果を得られるか?」で水光注射を選ぶかどうかを決めてみるのが良いように思います。

codinaフェイシャルアルガンクリーム