料金や効果に違いあり?ボトックス注射で使用される製剤の種類まとめ

美容整形

薬剤

シワ治療で使われる「ボトックス」「ボツリヌストキシン」。

美容クリニックのWebサイトを見てもらうと良く分かりますが、一口で「ボトックス治療」と言っても、各クリニックによって取扱いのある製剤が異なり、使用される製剤によって効果や安全性、料金に違いがあります。

ボトックス

アメリカの大手製薬会社アラガン社の薬剤。 
ボトックス注射では世界シェアNO.1で、多くの人に利用されています。

FDA(アメリカの厚生労働省に当たる機関)認可あり。
臨床データも豊富で、効果や安全に関する信頼性も高いです。

ボトックスはアラガン社の商標登録商品で、他メーカーがボツリヌストキシンに「ボトックス」の名前は使えません。

ただしクリニックによっては「分かりやすさ」から、ボトックスのジェネリックであるボツリヌストキシン製薬を使った施術も「ボトックス注射(治療)」とひとくくりにして紹介することも多いです。

ボトックスビスタ

ボトックスと同じ、アラガン社の正規品。
日本で唯一、眉間の表情シワ治療の用途で厚生労働省の承認を取得している薬剤です。ボトックスと同様にFDA認可。

日本の美容整形分野では、ボトックスではなく、ボトックスビスタが利用されることが多いですが、効果や安全性はボトックスと変わりません。
アラガン社の日本法人「アラガンジャパン」とイギリスの製薬会社「グラクソ・スミスクライン社」が取り扱っています。

【注入時の痛み】
少ない

【効果】
持続効果は3~4ヶ月。治療後2日以内に効果が現れて、約2週間後に最大化する。

注入後に薬剤が広がりにくい為、ピンポイントで狙った部位に効果を発揮。
濃度や注入の深さ(筋肉・皮下など)を調節をして、効果の強弱が付けられる。

アラガン社製はタンパク質などの不純物が圧倒的に少なく、抗体ができにくい為、繰り返し使っても効果が下がりにくい。

管理・保存状況によって品質が劣化しやすく、効果が下がることも。

【適した部位】
眉間やフェイスラインなど、ピンポイントの部位。

【料金】
高い
1部位:20,000円~50,000円

ボツリヌストキシン製剤

美容クリニックでボトックス以外に取り扱われているボツリヌストキシン薬剤をまとめてみました。

  • Dysport(ディスポート)
  • Regenox(リジェノックス)
  • Neuronox(ニューロックス)
  • ゼオミン

他にも中国Lanzhou社の「BTXA」もありますが、成分にブタのコラーゲンが含まれており、アレルギー反応が比較的多いなどという理由で、安全性の観点から、現在はほとんど使用はされていません。

アラガン社製のボトックスやボトックスビスタと比較して、効果の出方が異なったり、値段が安かったりします。

Dysport(ディスポート)

ボトックスと同時期に開発されたイプセン社(イプセン)のボツリヌストキシン製剤です。FDA認可あり。

本社が所在する関係からか、ヨーロッパではディスポートが使用される機会が多いです。

【注入時の痛み】
少ない

【効果】
注入後、広がりやすく、広範囲で効果を発揮。
濃度を微調整することで、部位に合わせて効果の強弱を付けられる。

一部では「ボトックスよりも、しわ取りの効果が高い」という評判も。

【適した部位】
顔部分はエラ張り、他はワキ、脚、手足の多汗症治療など、広範囲に効果を得たい部位に向いている。

【料金】
高い

Regenox(リジェノックス)

ヒューゲル社(韓国)が開発、ハンス バイオメド社(韓国)が販売しているボツリヌストキシン製剤です。

臨床治験のないジェネリックではなく、韓国で正式に第III相臨床治験まで実施されています。
KFDA(韓国の食品医薬品安全庁)の認可あり。

多くの美容クリニックで取り扱われており、ボトックスビスタよりも安いことから、リジェノックスを好んで利用する人も多いです。

【効果】
値段は安いが、従来品と同じ程度の効果を発揮。
製品純度が高く、繰り返し利用しても、抗体ができにくく、効果が下がりにくい。

臨床治験は行なっているが「安全性に問題あり」という意見も。

【料金】
ボトックスビスタよりも安い。
各部位:4,000~20,000円。

Neuronox(ニューロックス)

メディトックス社(韓国)のボツリヌストキシン製剤。
KFDA(韓国の食品医薬品安全庁)の認可あり。

同じ韓国メーカーのリジェノックスと比較すると、取扱いのある美容クリニックは少ない印象があります。

【注入時の痛み】
痛みを感じやすい

【効果】
継続効果は約3~6ヶ月。
ボトックスビスタや他のボツリヌストキシンよりも効果が弱く「安全性に欠ける」という指摘も。

【料金】
安い

ゼオミン

今までのボトックスやボツリヌストキシンでは、人によっては抗体が作られることで、効果が下がったり、持続期間が短くなったりするデメリットがありました。

そこで登場したのがメルツ社(ドイツ)の「ゼオミン」。
抗体を作る原因となる複合タンパク質をほとんど含ない、純度の高いボツリヌストキシン製剤です。

従来のボトックスやボツリヌストキシンと比較して、抗体が作られにくいことで、繰り返しの注入や継続的な利用でも効果が減りにくくなりました。

FDA認可の薬剤。
常温保存でも効果が低下しないので、クリニックにとって取扱いやすい薬剤でもあります。

【効果】
注射後に効果が現れるのが3日後と早い。
抗体ができにくく、効果が下がりにくいので、短期間に何度も注入したい時にも使いやすい。

【料金】
高い
一部位:65,000円

まとめ

美容クリニックでは「ボトックスビスタ+その他ボツリヌストキシン製剤」というように、複数の製剤を取り扱っています。

その為、改善を希望する部位や予算に応じて選び分けてみるという方法もあります。

ボトックスビスタ
「安全性や効果が確認されており、信頼できるものを使いたい」

ディスポート
「額やエラ張りなど、広範囲の部位で効果を実感したい」:注入後、薬剤が広がりやすい

リジェノックスやニューロックス
「費用は安い方が良い」:ボトックスビスタよりも安価

ゼオミン
「繰り返しの注入でも効果が下がらない方が良い」:抗体が作られにくい新薬剤。

もちろん、改善したいしわの種類や希望する効果によっては、ボトックス注射以外の施術法をすすめられることもあります。

まずは美容クリニックのカウンセリングを受けてみて、専門家の意見を聞き、自分に最も合った施術法が何かを知ることが、コンプレックスの改善に繋がると思います。

codinaフェイシャルアルガンクリーム