胎児への影響大!?妊活・妊娠中の女性がボトックス注射を受けてはいけない理由

美容整形

妊娠

額や眉間、目尻にできた表情シワを目立たなくできる美容整形の一つに「ボトックス注射」があります。

ボツリヌス菌から作られた成分を、気になる部分に注射して、筋肉の動きを止める(筋弛緩作用)ことで、シワを伸ばして改善するというもの。

ボツリヌス毒素(ボツリヌストキシン)は毒性が非常に強い食中毒菌の一つですが、医療用や美容外科で使用されるボトックス注射では、濃度を調整したものを使っているので、安全性は確保されています。

ただし胎児への悪影響が考えられる為、妊活中・妊娠中の女性がボトックス注射を受けることはできません。

ボトックス注射で使用される薬剤「ボトックスビスタ」の添付文章にも

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦には投与しないこと。

引用:ボトックスビスタの添付文章(PDFファイル)

と、はっきり明記されています。

では実際にアンチエイジングでボトックス注射を受ける際、どのような胎児への影響が考えられるのでしょうか?

ボトックス注射による胎児への影響とは?

動物実験で妊娠や胎児への影響が認められています。

倫理的に妊婦にボトックス注射をして胎児への影響を見ることはできないので、人間の臨床データはありませんが、外国では妊娠初期にボトックス治療を受けた患者の胎児の死亡や奇形の例が報告されています。

ボツリヌス菌は、元々強い毒性のある食中毒菌の一つ。 
ボトックス注射を受ければ「身体が食中毒菌の影響下にある状態」になる訳なので、生殖器系への影響も充分に考えられます。

似たような話に「風疹の予防接種」がありますね。
毒性を弱めた風疹の病原体を利用する為、同じように胎児への影響を考えて「注射後2ヶ月は避妊をして下さい」と言われます。

注射後2~3ヶ月は避妊する

ボトックス注射で良く聞く後悔としては「治療を受けた後に、妊娠していることが判明した」があります。

施術前に医師や確認書類には「注射後2~4ヶ月は避妊をすること」と説明があるはずですが、美容クリニックによっては「自分が聞かない限り、何の説明も無かった」という場合も少なくありません。

ボトックス注射による持続効果は5~6ヶ月ほど。

その後、追加をしない限り、身体への影響は徐々に薄れてくるので、

  • 注射を受けて2回目の生理が終わってから妊活を再開する。
  • 出産、卒乳後に注射を受ける。

というように、期間を空ければ胎児や産まれた子どもへのリスクを下げられます。

生殖器に及ぼす影響は女性だけではなく、もちろん男性にもあります。妊娠計画中であれば、男女ともボトックス治療は避けたいですね。

産婦人科を受診した際には「○月○日にボトックス注射を受けた」と伝えておいた方が安心。

担当の先生があまりピンと来ていない感じであれば「美容クリニックでボツリヌス菌を利用したアンチエイジング治療を受けたが、胎児への影響が考えられると聞いた」と説明すると、分かってもらいやすいです。

あくまでもボトックス注射での胎児の死亡や奇形に関しては「考えられる原因の一つ」であり、明確な因果関係は良く分からないことが多いです。

まとめ

特に妊娠中は休職する人が多く「比較的時間に余裕があり、ダウンタイムも取りやすいので、美容整形を受けたい」という人も少なくありませんが、妊婦への美容整形は「リスクが大きい」と断られる傾向にあります。

これはボトックス治療だけではなく、美容整形全般に言えること。
例え身体に害や負担がない施術だとしても、妊婦さんの臨床データがそもそも無いので「母体の安全の為に」と受け付けていません。

ただし一部の美容整形+産婦人科が併設されているクリニックでは、レーザーによるほくろやシミの除去、ヒアルロン酸注射によるしわ取りなどが実際に行われている所もあります。

「どうしても美容整形を受けたい」という人は、私としては全くおすすめできませんが、妊婦でも美容整形を受けられるクリニックを探して、カウンセリングを受けてみると良いです。

「妊娠での不安材料を一つでも減らしたい」という場合は、同じシワ取りでも、美顔器やアンチエイジング化粧品、マッサージなど、効果は穏やかですが、身体への負担が少ない方法を利用することが、子どもへの安全に繋がります。

codinaフェイシャルアルガンクリーム