高い?安い?部位別ボトックス治療の料金相場

美容整形

料金相場

ボトックス治療を受ける際、気になるのが費用のこと。

1回受けた後の持続効果は4~6ヶ月と比較的に短いので、しわやたるみの無い美肌を維持する為には、年に2~3回ほど定期的に施術を受ける必要がある為、あまりに高額な料金だと続けにくいですよね。

しわやたるみ取りの目的でのボトックス注射は、保険適用外の自由診療になる為、注射をする部位やクリニックによって料金が異なります。

ボトックス治療の料金相場

ボトックス治療で、シワの改善が期待できる部位は以下の通り。

  • 眉間
  • 目尻
  • 目の下
  • 鼻根
  • 口角・口周り
  • アゴ

美容整形では施術を受ける部分によって、料金に差が生じることが多いのですが、顔のしわ取りに関しては、部位に関係なく一律の料金が設定されていることが多いです。

ボトックス注射の場合、部位ではなく使用される薬剤によって料金が変わる傾向にあります。

  • ボトックス(アラガン社):10,000円~20,000円
  • その他のボツリヌストキシン:3,500円~10,000円

各クリニックの料金を比較する際は「治療に何の薬剤を使っているか?」を確認することも大切です。

各クリニックの料金

では実際に美容クリニックでボトックス注射を受ける際、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

主要な美容クリニックの部位ごとの料金をまとめてみました。

湘南美容外科クリニック

ボツリヌストキシン(REGENOX) 料金
目尻、眉間、額、目の下、アゴ、鼻根(各1ヶ所) 3,640円
ボトックス(アラガン) 料金
目尻
眉間

目の下
アゴ
鼻根(各1ヶ所)
9,800円
法令線・小鼻 16,200円
ボトックスリフト(アラガン) 料金
口角 16,200円
頸部 56,700円
中顔面 32,400円

料金表|湘南美容皮膚科 メディカルエステティック 全国20院以上

品川美容外科クリニック

ボツリヌストキシン(REGENOX) 初回 2回目以降
目尻(両側) 930円 非会員:8,140円
会員:6,510円
眉間 930円 非会員:8,140円
会員:6,510円
額(上半分) 3,370円 非会員:8,140円
会員:6,510円
目の下(両側) 3,370円 非会員:6,290円
会員:5,030円
3,370円 非会員:6,290円
会員:5,030円
鼻根 非会員:4,160円
会員:3,320円
非会員:4,160円
会員:3,320円

【ボツリヌス・トキシン注入法】ボトックスによるシワ取り | プチ整形 | 美容整形のことなら品川美容外科

ボトックス(アラガン) 初回 2回目以降
目尻(両側) 9,070円 非会員:19,810円
会員:15,840円
眉間 9,070円 非会員:19,810円
会員:15,840円
額(上/中/下) 9,070円 非会員:19,810円
会員:15,840円
目の下(両側) 9,070円 非会員:19,810円
会員:15,840円
9,070円 非会員:19,810円
会員:15,840円
鼻根 非会員:9,070円
会員:7,250円
非会員:9,070円
会員:7,250円
目尻(両側)+目の下(両側) 17,220円 非会員:33,140円
会員:26,510円
眉間+鼻根 17,220円 非会員:26,940円
会員:21,550円

シワ、エラの張りにアラガン社製ボトックス|品川美容外科

東京イセアクリニック

ボツリヌストキシン(REGENOX) 1ヶ所・片側 1部位両側
各部位 18,000円 30,000円
ボトックス(アラガン) 1ヶ所・片側 1部位両側
各部位 24,000円 40,000円

注射・注入 料金 | TOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック)

高須クリニック

ボトックス・ボツリヌストキシン注射 料金
目尻、眉間、額、口周り、アゴ、鼻根 5,000円
ゼオミン 料金
目尻、眉間、額、口周り、アゴ、鼻根 65,000円

注射式シワ取り ボトックス注射 – 美容整形の高須クリニック

聖心美容クリニック

ボトックス(アラガン) 1回 追加注射付きプラン(1ヶ月以内1回)
額または目尻 38,000円 58,000円

注射・注入 料金 | TOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック)

料金に差が出る理由は?

  • 使用する薬剤の種類
  • 注入量・部位
  • クリニックの立地条件

使用する薬剤の種類

一口に「ボトックス注射」と言っても、施術で使用される薬剤は複数あります。

美容クリニックで主に使用されている薬剤は、大きく分けて3種類。

  • ボトックス・ボトックスビスタ:アラガン社(アメリカ)
  • ゼオミン:メルツ社(ドイツ)
  • ボツリヌストキシン薬剤:その他メーカー(イギリスや韓国など)

アラガン社のボトックスは、費用は高いのですが、安全性と信頼性はピカイチ。
本来「ボトックス注射」と言えば、アルガン社のボトックスを指します。

メルツ社のゼオミンは、ボトックスの問題点を解決(長期間の使用でも効果が継続する)したもので、高い効果が期待できる分、ボトックスよりも料金を高めに設定している所が多いです。

その他ボツリヌストキシン薬剤は、ボトックスのジェネリック薬剤(後発商品)にあたり、値段は安いのですが、未承認で品質に問題がある場合も考えられます。

美容クリニックの料金表を見ると「ボトックス」と「ボツリヌストキシン」で費用が分かれている所が多いです。
ゼオミンは費用が高い為か、施術に採用している美容クリニックは少ない印象。

「高いが、各国が認めた効果と信頼性があるのがボトックス」、「安いが、効果や安全性がちょっと心配なのが、ボツリヌストキシン薬剤」という感じなので、しわ・たるみ取りで何を重視するかによって、選ぶ薬剤も変わってくるように思います。

注入量・部位

注入系の美容整形では、使用する薬剤の注入量や部位によって値段が変わります。

美容目的でボトックス注射が使われる部分は

  • 顔部分のシワ(シワ取り)
  • 顔のエラ部分(小顔効果)
  • ワキ・手のひら(発汗の抑制)
  • ふくらはぎ(脚痩せ)

がありますが、顔部分のシワ取り目的で使用する場合は、美容クリニックごとに一律料金を設けている場合が多いです。

気になるシワ部分は顔の各パーツごとにあると思うので、掛かる費用に関しては倍々に増えていくイメージですね。

クリニックの立地条件

駅近や都心部など立地条件が良い場所は、通いやすく、集客力もありますが、どうしても土地代やテナント代が高くなってしまいます。

美容整形は保険適用外でクリニック側が自由に料金を設定できる為、施術料金を高めに設定する必要があるのです。

「同じボトックス注射でも、AとBでは料金が大きく違う」という時は、クリニックの場所を確認してみると、その理由が分かるかもしれません。

ちなみに同じ系列のクリニックはどこで受けても料金が一律の場合が圧倒的に多いので「クリニック名」で比較すること。

美容クリニックの選び方

ボトックス注射の持続効果は4~6ヶ月。
シミやたるみが気にならない顔を維持する為には、年に何度か定期的に施術を受け続ける必要があります。

その為、美容クリニックを選ぶ際は「使用される薬剤の種類と効果」と「料金」も重要なポイント。
各サイトを見て、気になったクリニックがあれば、実際にカウンセリングの予約をしてみましょう。できれば複数で。

カウンセリングでは「使用する薬剤の特徴やボトックス注射によるデメリットに関しての説明があるか?」「自分に合った施術の提案をしてくれるか?」などを確認して「ここなら安心して受けられる」という所を選んでみて下さい。

codinaフェイシャルアルガンクリーム